小児鍼

小児鍼とは

TOP癒しセラピーいろいろ小児鍼

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 小児鍼

小児鍼とは、生後20日くらいから8歳くらいまでの小児に対して、体質改善など健康力向上のために行う鍼治療のことです。

小児鍼の場合は、通常の鍼治療とは異なり、専用の治療器具による皮膚への軽い接触刺激(摩擦など)を主としていて、鍼を刺す治療ではありません。

鍼は刺さないので、感染の心配がないことが利点です。

小児鍼は、風邪の諸症状、アレルギー疾患(アトピー、小児喘息、食物アレルギー、花粉症など)、疳の虫、夜泣き、食欲不振、下痢、便秘、夜尿症、イライラ、などのさまざまな症状の改善が期待できます。

☆彡わたしは小さいとき、疳の虫が強くて通っていました。怖そうで怖くなかった記憶があります。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.