オンサセラピー

オンサセラピーとは

TOP癒しセラピーいろいろオンサセラピー

当サイトは、ヒーリングや癒しに関する用語を解説しています。
また、ヒーリングや癒しのほかにも、ナチュラルな生き方のためのヒント、食のことや漢方、手当て法(おばあちゃんの知恵)、代替療法についてなど満載です。
どうぞ、もしあなたが精神的に疲れているとき、肉体的に病気であるとき、もっと元気がほしいとき、【医薬品】だけに頼るのではなく、ここにあるヒーリングや癒し、代替療法なども試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 オンサセラピー

オンサセラピーとは、経絡に対応した14本の音叉(おんさ)を用い、滞っている気のエネルギーポイントを解除し、心と体の不調解消を目的に行うセラピーのことです。

その手法は東洋の中医学である経絡理論で生まれ、アメリカのアプライドキネシオロジー(応用運動機能学)で発展した新しい経絡の理論で考案されました。
あらゆる病気の基が「気」の乱れと考え、それを癒すために「気」の乱れを調整するという考えです。

私たちに一番影響を与えている目と耳からの波動=「光と音の波動」を、古来から伝わる中医学の経絡(=気の波)との関連を解き明かしたテクニックを用います。

スポンサードリンク

 
 
Copyright (c) 2006-2013, ヒーリング癒し辞典. All rights reserved.